食生活

美肌に大事な5つの栄養素とは?

  • LINEで送る
栄養がお肌に届くまで5〜8時間かかります

糖質

細胞膜や臓器、そして神経などの構成成分となったりビタミンの運搬を助けます✨糖質をエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要。

しかし、取りすぎはダメ❌

多く含まれる食材:米、小麦など主食として食べられる穀類のほか、いも類、とうもろこし

脂質

体のエネルギー源⭐️

細胞膜・臓器・神経などの成分やビタミンの運搬する役割があります✨体温を保ち肌に潤いを与え、女性ホルモンの働きを助け、美しい肌や髪のためにもある程度の脂質が必要。

多く含まれる食材:サバ・イワシ青魚、肉類、貝類、レバー、アボガド、バター、くるみナッツ類・アマニ・エゴマ・肝油などに豊富に含まれます。

タンパク質(アミノ酸)コラーゲン

タンパク質は筋肉や皮膚、血液など身体を形づくる元となる成分です✨タンパク質はコラーゲンの材料でもあるので、肌のハリと弾力を保つためには欠かせない。

多く含まれる食材:牛乳・卵・豚モツ ・鶏の皮、手羽先、軟骨 ・豚足・牛スジ ・豚バラ肉・スッポン ・フカヒレ ・うなぎ ・なまこ ・カレイ ・エビ ・くらげなど

ミネラル

ミネラルには骨をつくり貧血を防ぎ身体の機能や神経の働きを調節する役割がある✨体内ではつくり出せないため、食品からしっかりと摂るように心掛けて。

多く含まれる食材:赤肉・乳製品・鰻・大豆製品・玄米・ダシ・小魚・バナナ・レバー・ココア・海藻・牡蠣など

【ビタミン類】

ビタミンE

別名‘‘若返りのビタミン’’と呼ばれる。体内の酸化を防ぎ、血行改善効果肌のバリア機能を強化⭐️肌をみずみずしく保ってくれる。

多く含まれる食材:小麦胚芽・オリーブオイル・植物油・アボガド・アーモンド・ピーナッツ・うなぎ・緑黄色野菜など

ビタミンC

別名‘‘抗酸化ビタミン’’と呼ばれる。抗酸化作用・メラニン色素の生成・沈着を予防、肌のハリや弾力のもととなる、コラーゲンの合成を促進するという働きも⭐️

多く含まれる食材:じゃがいも・ローズヒップ・トマト・パセリ・いちご・キウイ・ブロッコリー・ピーマンなど

ビタミンB

別名“美容ビタミン”と呼ばれる。脂肪の代謝や細胞の再生を助けて元気をサポート⭐️皮膚や粘膜を健やかに守る働きをしている。

他のビタミンの作用を向上させ酵素の働きもサポート💜

多く含まれる食材:どじょう・うなぎ・レバー・納豆・酵母・キノコ類・ナッツ類・アボガド・卵黄・魚介類

βカロチン

体内でビタミンAに変化。皮膚病や肌荒れにも効果あり⭐️

多く含まれる食材:緑黄色野菜=かぼちゃ・にんじん・ピーマン・ブロッコリー・パセリなど

お顔の筋肉や脂肪をほぐし顔筋を動かす事で、毛細血管まで栄養を届けやすくし、肌細胞が元気になりコラーゲン・ヒアルロン酸が作られ潤いのある美肌になります

SELFOFFでは

①光フォトで細胞活性✨         

②深層に効くIW波を使って、表情筋を動かしコリやリンパを流し血流を良くしお肌を柔らかくします✨

③最後に特殊な電気パルスでお肌の奥へ美容液導入行って施術後は美容効果もより一層アップ。✨

✨ご興味を持たれた方はこちらへ⬇️✨


💛🧡日本セルフエステ協会🧡💛 ←こちらをクリック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。