ダイエット

横隔膜って何?硬くなると代謝がおちるって知ってた?

  • LINEで送る

横隔膜というのは、ろっ骨の下にある筋肉。

ここが硬くなると、呼吸が浅くなり代謝が落ちて、その結果太りやすくなります

他にも横隔膜は、上下することで内臓を適度にマッサージしてくれます。

また、血液を全身に送る心臓をサポートする働きもしているので、動きが悪くなると血行も悪くなります。

酸素と血液は人間が生きていくために必要不可欠。

その流れが悪くなるわけですから、体のあちこちに不調を起こすことになるのは当然ですね。

さらに注目したいのが、横隔膜と自律神経の関係性です。

横隔膜の下には自律神経の集まりがあり、ゆっくりと深く呼吸をするほど、副交感神経が働いてリラックスできます。

代謝を上げたい、やせたい、不調を改善したいと思っている人には、横隔膜を柔らかくする「横隔膜ほぐし」が効果的。

呼吸をするのがラクになったなと感じられたら、やせやすくなり、体の調子もよくなるはずですよ!

SELFOFFでは…。

キャビテーションを使って脂肪を溶かして燃焼させやすい状態を作ります。

使うと脂肪が溶けて燃えやすくなっている状態が48時間継続します✨その間に軽い運動をして脂肪を燃やして身体の外に捨てちゃいましょう✨

ご興味を持たれた方はこちらへ⬇️


💛🧡日本セルフエステ協会🧡💛 ←こちらをクリック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。