Staff Blog

長時間の〇〇がしみ・色素沈着を予防するには?

  • LINEで送る

外出時に欠かせないマスクですが、長時間に渡るマスクの着用は、
肌に予想外のダメージを受けることに。

長時間マスクを着用することで肌が受けるダメージ

  • 擦れによる摩擦
  •  インナードライ肌の見逃し
  • マスクを通して入ってくる紫外線

 

 擦れによる摩擦

摩擦を受けることで、肌を守ろうとシミのもととなるメラニンが大量に生成されます。
メラニンの排出が滞ると色素沈着を起こしシミになったり、顔全体のくすみの原因にもなります。

 

 インナードライ肌の見逃し

マスク内の肌内部ではバリア機能が乱れやすく、水分が不足しているインナードライの状態に陥っている可能性が。

乾燥は、ターンオーバーのサイクルを乱しメラニンの排出を滞らせるため、摩擦ダメージと合わせてシミやくすみのリスクを拡大してしまいます。

 

マスクを通して入ってくる紫外線

マスクで隠れていてもUVカット機能を搭載していないマスクの場合は日焼けする可能性が。
マスクの下とはいえUVケアを怠らないようにしましょう。

 

毎日のケアで徹底予防!

  • ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などが配合された美白化粧品
  •  セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合された美白化粧品
  •  ピーリングなどの角質ケア
  • こまめな日焼け止めの塗り直し

マスクを外してもキレイでいるために、
マスクの摩擦によるトラブルの予防ケアをさっそく始めましょう◎

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。