アンチエイジング

肌に必要な成分まで落としてない?自分に合ったクレンジングを使おう

  • LINEで送る
woman in grey long sleeved shirt
woman in grey long sleeved shirt
Photo by Ali Pazani on Pexels.com

 

クレンジングでオフされるのはメイクだけじゃない!

メイクをすると必ず必要になるのがクレンジング。一気にツルッと落としたい!からと言ってメイクを全部、洗浄力の高いものを使ってはいませんか?

クレンジングはメイクや大気中の汚れ、皮脂・汗を落とすだけでなく、肌の潤いを保つ上で重要な”NMF”と呼ばれる天然保湿因子までも流してしまう可能性があります!

 

大事な保湿成分を流してしまわない為に

クレンジングはタイプによって洗浄力が異なります。自分のメイクの濃さに応じたクレンジングを使うことがポイントとなってきます。箇所によってメイクの濃さが異なる場合は、クレンジングを使い分けることも、余分な保湿成分を流さない為に必要です。

 

クレンジングタイプ別!落とせる化粧品の目安

ローション

・パウダー・ミネラルファンデーション

ジェル(水系) / 乳液(ミルク)

・BBクリーム 

ジェル(油系) / クリーム

・リキッドファンデーション

オイル

・油性のエマルジョンファンデーション

・ウォータープルーフの日焼け止め

・アイライナーやマスカラなど

 

いかがでしたか?乾燥しやすい方や部分的に濃いメイクをする方は一度クレンジングを見直してみると良いかもしれません。

逆にきちんとメイクが落ちないと肌荒れや大人ニキビの原因となってしまうこともあります。

自分に合ったクレンジングを選び美肌をキープしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。