ニキビ・肌トラブル

ニキビ跡をきちんとケアして綺麗なお肌をGET⭐️

  • LINEで送る

ニキビ跡:炎症により肌がダメージを受け、傷跡として残ってしまった状態。

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡は、大きく分けると4種類あります。

自分のニキビ跡がどの種類なのかを理解して、ケアを行いましょう。

1. 赤み

炎症によって皮膚組織がダメージを受けると、修復するために毛細血管が作られて皮膚に赤みが出ます。ダメージのせいで皮膚が薄くなり、通常よりも赤みが目立ちます。

2. 色素沈着

茶色いシミのような跡は、メラニンによるもの。通常なら新陳代謝によって排出されますが、ニキビが治った直後は、ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが残ってしまいます。

3. クレーター

肌に凹凸ができるクレーター状のニキビ跡。炎症による組織の破壊が皮膚の奥まで及び、細胞の生成スピードが鈍くなり修復にムラが生じます。

4. しこり、ケロイド

しこり状の跡は、肌の奥深くまで炎症や化膿が進んだのが原因。

ケロイド状の跡は、同じところで何度も化膿を繰り返すことが原因。

ニキビ跡を改善するスキンケア

ポイント1. ニキビ予防

炎症は、毛穴の詰まり、角質の肥厚化や皮脂の過剰分泌が原因。

大切なのは、思春期ニキビは適切な洗顔、大人ニキビは保湿ケアです。乾燥するとバリア機能が低下して、角質が厚みを増し、毛穴を狭めてしまいます。

ポイント2. UVケア

紫外線を浴びると、炎症が治まるのが遅れて赤みが長引きます。色素沈着部分もより治りにくくなります。

紫外線は様々な肌トラブルの原因になるので、確実にブロックすること。オススメは肌に負担をかけないよう、なるべく低刺激な成分で作られた日焼け止めです。

ポイント3. ピーリング

古い角質を落としてターンオーバーを促すピーリングは、特に赤みや色素沈着によるニキビ跡に効果があります。また、毛穴に皮脂が詰まっているだけの初期段階のニキビにも効くため、予防にも効果があります。

セルフオフでは…

IPプローブ(リフトアップマシン)を使って行います✨

IW波でお顔の筋肉と立毛筋をほぐし老廃物を流して血行を促進します。

また、マイクロカレントという修復促進効果も出ており、ダメージを受けた細胞を元の状態にして肌の細胞活性・修復を促します。あのベッカムが骨折の怪我の治療で使用された技術です。

但し、ケアは赤みや膿が引いてからが鉄則です!

ターンオーバーを改善して元気なお肌を手に入れましょう!

こちらの美容機器に興味を持たれた方はこちらへ

↓↓↓

💛💜日本セルフエステ協会💛💜←をクリック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。