スキンケアの基本

【ゴワゴワ肌・いちご鼻さん向け】正しい洗顔方法

  • LINEで送る

人間の肌は「弱酸性」の状態で、
肌のバリア機能を壊さず正常な状態を保っています。

 

皮脂やゴワゴワ酸性の汚れは、石けんの「アルカリ性」のほうがよく落ちるんです☝️

通常の肌タイプなら洗顔後の保湿ケアをちゃんとすれば特に問題ありません。
皮脂が分泌されることで中和され「弱酸性」の状態を維持できます。

古い角質は潤い肌の天敵

汚れの中でも重要なのが不要になった「角質」や「古い死んだ細胞」など、肌の汚れゴワつきをしっかりと取り除くことが最優先。
皮脂やホコリと古い角質がまじりあい毛穴を詰まらせる原因に。

毛穴の詰まりや皮脂のごわつきは、保湿剤の浸透を妨げてしまいます。
浸透しやすい肌土台を作ることが大切なんです☝️

『泡の弾力を使って“押し洗い”で肌を傷つけないことを徹底。』

 

シリコン入りのコンディショナーはシリコンがニキビの原因になるので必ず洗髪後、最後に洗顔するようにしましょう。

①たっぷりの量の泡を顔全体にのばしたらゴワつく所は指先でクルクル

②泡で汚れを吸引するイメージで“押す離す”を繰り返し

③ 毛穴が目立つ部分にギューッと入れ込むようになじませると、より効果的。

④ぬるま湯で洗い流してください。

角質や汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのはNG

熱すぎるお湯は肌の皮脂を落としすぎてしまうので要注意!

特に敏感肌の方は高温のお湯ですすがないことが大事。
お湯の温度は30~34℃を目安に。

オイリー肌の方は36~38℃ほどと、少し高めの温度でOKです👌

見落としがちなタオルの摩擦も気を付けて‼️
ふき方・・・ゴシゴシ厳禁!ポンポンと優しく当てるだけ

洗顔後の肌をCHECK!

洗いすぎ肌の人は……
■顔を洗った後、つっぱる
■Tゾーンが脂っぽい
■頰に赤みがある
■肌がゆらぎやすい(敏感)

洗わなすぎ肌の人は……
■メイクのりが悪い
■毛穴が目立つ
■化粧品の浸透が悪い
■肌がザラつきやすい

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。